産後の骨盤施術

産後の骨盤について

骨盤の開き・下半身の冷え、むくみ・腰痛・股関節痛・恥骨の痛み・尿漏れ・サイズダウン・その他肩こり・頭痛・ホルモンバランスの乱れによるイライラなど、自律神経の不調。

 

施術家歴20年のベテラン院長が施術します。国家資格を保有しています。セミナー団体でインストラクターを務めています。

産後1ヶ月半くらいから行えます。

強い施術は行いません、ボキボキ矯正は行いません。

ソフトで確実な筋膜リリース、骨盤矯正を行います。

 

産後の骨盤矯正では骨盤の開きはもちろん施術します。産後はホルモンのバランスの乱れによる自律神経の不調が多いです。ただ骨盤を矯正するだけでなく、自律神経の不調による不定愁訴の施術を得意としています。冷え、むくみ、全身のダルさ、何とも言えないイライラ、不眠、頭痛、肩こり、めまい、立ちくらみなどご相談下さい。

「産前履いていたズボンのウエストが入らない」というお悩みも多いです。骨盤や内臓の周りの膜を緩めサイズダウンも行えます。

たいよう整骨院では産後の骨盤矯正は全て院長が担当します。院長は施術家歴20年のベテランです。セミナー団体のインストラクターを務め技術指導を行っています。その他、10ヶ所以上のセミナー団体で技術習得の為、勉強を重ねてきました。施術者の技術・経験不足による心配がありません。

とりあえず何でも骨盤を閉めればよい、ガシャガシャボキボキ骨を動かせばよい、というような施術は行いません。患者さんに図や絵などを用いて説明し、お体がどの様になっているのかをご理解いただきます。お話をお伺いして、お体を詳しく調べてから施術します。骨盤だけが体の不調の原因という事はまずありません。人の体を見るうえでマニュアルは無いです。一人一人のお体の状態に合わせて、お体全体を見て施術をします。そこがマニュアルだけで施術する整体・整骨院との一番の違いです。

産後1ヶ月半くらいから施術可能です。

ベストは産後6か月までに施術を始めるのが理想ですが、1年以上経っていても施術は行えます。

産後1年経過するとホルモンの分泌の変化により骨が動きにくくなるので、1年以内に施術を終えるのが理想です。一般的な骨盤矯正と同じで、一度で骨が戻りそのまま維持できるという事はなく、繰り返し施術することが必要です。

施術のコンセプトは体を赤ちゃんの頃の様な水の状態に戻すことです。解剖学や生理学、運動学などだけでなく、発生学の原理を施術に入れている事も特徴です。

強いボキボキ矯正や無理な施術は行いません。ゆっくりとしたソフトな施術で安全に確実に矯正できます。本来人間の体が持っている自然治癒力を高め、骨や筋膜など体の組織が正常な状態に戻る様に施術します。

内臓の周りの膜や筋肉を緩める内臓マニュピュレーション、脳脊髄液という体液の流れを良くするクラニオセイクラルセラピー、筋膜を緩める筋膜リリース、その他、整体療法、ソフトカイロプラクティックやオステオパシーという施術方法を用いて施術します。

 

是非一度ご相談ください!!